Back to Top

親しい間柄をどうして「気の置けない」と言うのか、「気の置ける」から理解してみる

titleUnder

気の置けないヤツ

「気の置けない友達」は「仲の良い友達」のことを意味します。でも「~ない」という否定の意味なのに肯定の意味になるこの言葉、違和感がありますよね。反対の「気の置ける」という言葉の意味を理解すると違和感が解消されることでしょう(多分)

「気の置けない~」の違和感

日常生活であまり使うことないのですが、
マンガや小説なんかで「気の置けない」という言い回しをよく見かけます。
「~ない」は否定の意味なのに「仲が良い、親しい」という意味になるのは違和感ありまくりです。
「気の置けない」を打ち解けられないと解釈している人も多いのではないでしょうか。

「気の置けない友達」は「仲が良い友達」という意味です。
「~ない」が言葉に含まれているためなんとなくしっくり来ませんが、
間違って「気の置けない」を「親しくない」という意味で使っちゃうとなんだか関係がギクシャクしちゃいそうですね。
正しい使い方を覚えるために次項で解説する「気の置ける」の意味から理解してみましょう。

「気の置ける(気が置ける)」から理解してみる

「気の置けない」の反対は「気の置ける」です。
言葉の印象から「気の置ける」の方が「仲が良い、親しい」という意味になりそうですがそうではないのです。

「気の置ける(気が置ける)」は「打ち解けられない、気にかかる、気遣う」という意味です。
つまり相手に対して「気遣ってしまう、遠慮してしまう」ことを意味します。

なので「気の置けない(気が置けない)」は「気遣う必要のない、遠慮がいらない」という意味になります。
相手に対して「遠慮の必要がなく気を許せる間柄」という意味合いで用います。

通常は「~ない」とつくと否定の意味になりますがこの言葉は逆です。
「気の置ける人」とは「気遣ってしまう人」という意味で、
「気の置けない人」とは「気遣う必要のない人」という意味となっているのです。

気を置く、つまり自分の気をその人に向けてしまうこと
イコール「気になってしまう、気遣ってしまう」ということなのです。

「気の置けない」「気の置ける」が分からなくなった時

え?よく分からない?
仕方ないですね。
ではアメトーークの「勉強しかしてこなかった芸人」で笑い飯の哲夫が教えてくれた勉強法を紹介します。

大阪夏の陣、冬の陣はその言葉の印象から夏が先、冬が後と感じてしまいます。
しかし実際には冬の陣が先に起こり、夏の陣が後に起こりました
いざ問題が出た時に「あれ?どっちだっけ」ってなりますよね。
笑い飯の哲夫はこうして覚えたそうです。
「それは逆!!」
そうです、「それは逆!!」と頭にインプットさせればどちらが先に起こったか分かるのです。
「それは逆!!」と唱えて強く強く頭に焼き付けましょう。

ではこの勉強法を「気の置けない~」に当てはめてみましょう。
あれ?親しいトモダチって気の置ける、だっけ・・・
と混乱してしまった時は「それは逆!!」を頭で唱えましょう。
そうすれば使い方を間違えることはありません!

※後半は完全にネタなので無視してください(´・ω・`)

まとめ

「気の置けない」と「気の置ける」を逆の意味で覚えてしまっている人は多いことでしょう。その気持ち、よーく分かります。

さらにややこしいのは、「気の置けない」=「仲がいい」という正しい意味で使っても、相手が逆の意味で覚えてしまっていたら、
「え?私のこと仲良く思ってないってドユコト…もう絶交よ!」
なんて事態になるかもしれないこと。
「(いや、そうじゃないんだよ、仲がいいってことなんだよ…)」

反対に自分が間違った意味で覚えていたら、
「あいつ俺のこと気の置けないなんて…親友だとオモテタノニ…」
なんて勘違いをしてしまうかもしれません。
勘違いって怖いですね…。

日本語って難しいですよね。日本で生まれ育った生粋の日本人ですら意味を間違える言葉が結構あるのですから。

最後にもう一度おさらい。

気の置けない → 仲がいい
気の置ける → 気を遣う間柄

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

Comments