Back to Top

夭逝、逝去など読みがわかりにくい死に関する言葉の読み&意味まとめ

titleUnder

夭逝

夭逝、逝去などは「死」を意味する言葉というのはわかるけれど、読み方が使い分けがイマイチわからないですよね。大人になるとこうした死に関する言葉に触れる機会が増えるので、正しい読み方と使い分けをまとめました。

夭逝
読み:ようせ
意味:若くして亡くなること
例:夭逝の漫画家・手塚治虫、夭逝の作家・伊藤計劃

夭折
読み:ようせ
意味:夭逝と同じく、若くして亡くなること

早逝
読み:そうせい
意味:上に同じく、若くして亡くなること

逝去
読み:せいきょ
意味:亡くなること。「死ぬ」の敬語で、その人を敬って死をいう言葉
目上の人、敬意を払うべき人が亡くなったことを伝える時は「逝去」、家族や身内が亡くなったことを伝える時は「死去」を使う

急逝
読み:きゅうせい
意味:急に亡くなること

頓死
読み:とんし
意味:急に亡くなること

長逝
読み:ちょうせい
意味:亡くなること。永眠
「長」という字が使われているが、年齢に関係なく故人の死を敬う表現

永逝
読み:えいせい
意味:亡くなること。永眠

崩御
読み:ほうぎょ
意味:天皇、皇后、皇太后、太皇太后の死を敬って表現する言葉

薨御
読み:こうぎょ
意味:皇太子、大臣の死を敬って表現する言葉

薨去
読み:こうきょ
意味:皇族、三位以上の身分の人が亡くなること

卒去
読み:そっきょ
意味:身分のある人が亡くなること

客死
読み:かくし、きゃくし(「かくし」が正しい読みだが「きゃくし」でも可)
意味:旅先、または他国で亡くなること

往生
読み:おうじょう
意味:現世を去り、仏のいる極楽浄土に往(い)って生まれ変わること
「大往生」は安らかに死ぬこと

帰幽
読み:きゆう
意味:神道において、人が亡くなり、「幽世(かくりょ:死後の世界)」に行くこと

召天
読み:しょうてん
意味:キリスト教の用語で、信者が亡くなること

昇天
読み:しょうてん
意味:人が亡くなり、魂が天に昇ること。主にキリスト教で使われる

帰天
読み:きてん
意味:カトリック教会の用語で、キリスト教信徒が亡くなること

悼む
読み:いたむ
意味:人の死を嘆き悲しむこと(「痛む」と同語源)

鬼籍に入る
読み:きせきにいる(「はいる」とは読まない)
意味:亡くなること。「鬼籍」は閻魔大王が管理しているとされる、死んだ人の名や死亡年月日を書き記す帳面

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

Comments