Back to Top

個別記事ごとにテンプレートを選択できるプラグイン「Custom Post Template」の使い方[WordPress]

titleUnder

Custom Post Templates

WordPressは固定ページはそれぞれ別のテンプレートを選択できますが、個別記事にその機能はありません。個別記事ごとにテンプレートを選ぶには「Custom Post Template」というプラグインを使います。インストールするだけで固定ページのように個別記事でもテンプレートを選べ、記事ごとにデザインやパーツを変えることができます。

Custom Post Template

「Custom Post Template」はこのように固定ページみたいに個別記事ごとにテンプレートを選択を可能にするプラグインです。インストールすると「Post Template」という項目が追加され、テンプレートを選択できるようになります。同様の機能を持つ「Single Post Template」というプラグインもあります。カテゴリーごとにテンプレを分けるなら、category-(カテゴリーID).phpとして振り分けることもできますが、カテゴリ別になってしまうので記事ごとにデザインを変えるならやはり「Custom Post Template」が便利。

Custom Post Template

まずはインストールを。プラグインの新規追加で「Custom Post Template」で検索するとすぐ出てきます。

Custom Post Templateの使い方・設定方法

インストールした後、通常のsingle.phpとは別のテンプレートを作ります。ファイル名は何でもいいのですが、分かりやすいようにsingle-◯◯.phpというファイルを作ります。例えば「extra」という名前の別テンプレートを作るなら、single-extra.phpというファイル名にします。
このままでは有効にならないため、テンプレートの一番始めに下記のコードを挿入します。
このコードが挿入されていないと有効にならないので注意です。
Template Name Posts」は記事投稿画面でプルダウンでテンプレを選択する際の名前です。
Description」はファイル名など自分が分かりやすい名前や解説を入力しておきます。

<?php
/*
Template Name Posts:Extra
Description: エクストラ
*/
?>
このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

Comments