Back to Top

【WordPress】コピーライトの現在の年号(年表記)を自動取得する方法とコピーライトの書き方

titleUnder

コピーライト

WordPressは便利なもので年号(年表記)をわざわざ手動で変更せずとも現在の年号を自動で更新してくれるタグがあります。年表記がある方がサイトの信用性にプラスになるとの話を聞いたので実装しました。コピーライトの書き方についてもついでに解説します。

WordPressでコピーライト年号(年表記)を自動取得する方法

フッターにコピーライトにブログを解説した年号と現在の年表記をしています。
開設した年号は変わらないので手打ちでいいのですが、現在の年号を手動で毎年変えるのは面倒ですしフッターは自分であまり見ないので忘れてしまいがちです。
Wordpressでコピーライト年表記を自動で更新するには以下のタグを使えば簡単にできます。手動で更新しないでいいので楽です。

<?php echo date('Y'); ?>

当ブログでは以下のようにブログを開始した年度から現在までの年号を表記しています。

&copy;2011-<?php echo date('Y'); ?>/<?php bloginfo('title'); ?>. All rights reserved

年号は今まで表記していなかったのですが、海外SEO情報ブログさんの以下の記事を見て書いておこうと思いました。最近はGoogleはサイトの信用性も見るようになってきたので書いておくにこしたことはないですね。

コピーライトの書き方

ついでなのでコピーライトの書き方も解説します。
©表記は以下のタグを使って表記します。©は「Copyright」を表す記号です。

&copy;

コピーライトは以下の2つの書き方をよく見かけます。

Copyright © 20◯◯ ~ All Rights Reserved.
Copyright (C) 20◯◯ ~ All Rights Reserved.

これらの書き方は間違いではありませんが、©自体が「Copyright」を表しているので©か「Copyright」のどちらかを書いておけばOKです。なので以下のように表記します。

© 20◯◯ ~ All Rights Reserved.
Copyright 20◯◯ ~ All Rights Reserved.

All rights reservedは著作権の保護を受けるための著作権表示です。
このサイトにおける「すべての権利を保有しています」という意味です。
All rights reservedについてはあってもなくてもいいようですが、一応書いています。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

Comments