Back to Top

投稿画面にタグやショートコードのボタンを追加できる導入必須のWorpdressプラグイン「AddQuicktag」

titleUnder

AddQuicktag

タグやショートコードを投稿のたびに入力したりメモからコピペするには面倒。Worpdressプラグイン「AddQuicktag」を使えば投稿画面にタグやショートコードのボタンを追加できます。もうこれがないと投稿する気がしなくなるくらい便利!導入必須のプラグインです。

AddQuicktag

WordPressの投稿画面(エディタ)にはいくつかデフォルトでタグボタンが設置されています。
クリックするだけでタグが入力されるので便利なのですが、
タグを追加するには「AddQuicktag」が必要です。
ショートコードもボタンとして追加できるので便利すぎるプラグインです。
もう「AddQuicktag」がないと投稿するのが面倒になるくらい!

AddQuicktagの使い方

「AddQuicktag」をインストールし管理画面の設定から「AddQuicktag」の設定画面に移行。
使い方は簡単。
ボタン名は投稿画面に表示する際の名前を入力し、
ラベル名にはどんなボタン分かるように名前をつける。
開始タグと終了タグをにタグやショートコードを入力。
テキストをタグで囲みたいなら、
開始タグに<div class=”attention-color”>
終了タグに</div>というように入力。
ショートコードなら開始タグにのみ入力すればおk。

AddQuicktag

最近「AddQuicktag」がバージョアップされ、
投稿画面に表示されなかったので「おや?」と思ったのですが、
設定画面の右側にある「ビジュアルエディター」「post」「page」にチェックを入れないといけなくなったようです。
なので、ボタンを設置したいエディタ・投稿画面にチェックを入れるのを忘れずに!
「post」は個別記事、「page」は固定ページの投稿画面に反映されます。

AddQuicktag

設定をするとこんな感じでボタンが表示されます。

AddQuicktag

ボタンをクリックすれば一発でタグやショートコードが入力されます。
これはもう一度使ったら手放せないプラグイン!
ありがとう、作者の人。
※3.4.1にバージョンアップしたら動作しなくなる場合があるようです。
まだバージョンアップしてないので未確認ですが、
以下の記事が詳しいです。

プラグインをなるべく使いたくない人、
「AddQuicktag」が不具合が出る人は、
function.phpにコード書いてボタンを設置することもできます。
以下の記事が参考になります。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

Comments