Back to Top

Windows内のファイルを高速検索できる「Everything search engine」、速さは正義

titleUnder

Everything search engine

Windows内にあるファイルの検索には「Everything search engine」というデスクトップ検索ソフトが最強です。キーワードを入れれば目的のファイルを高速で検索してくれます。どこにしまったか分からなくなったファイルも一瞬で検索できます。フリーで使えます。

Everything search engine

Everything search engine」は無料で使えるソフトです。
Windows専用ソフトでWinsows2000、XP、2003、Vista、2008、7で使えます。
Macはspotlightという優秀なデスクトップ検索機能がありますが、
Windowsの検索機能はなんだか使いにくくて不便ですし、
Googleデスクトップよりも100倍便利。

Everything search engine」は高速検索できてしかも見やすいです。
「あのエロ画・・・いやあのファイルどこに入れたっけ・・・」
となることがしばしばあるので入れておくと便利です。
普通にファイルを呼び出すのにも使えます。

Everything search engineの使い方

使い方はとても簡単です。
まずは日本語化を。
日本語化には「Language Pack」のインストールが必要です。
以下からダウンロード。

解凍してインストールをします。
そうすっと「Tools」→「Option」→「Languege」から日本語を選択できるようになります。

Everything search engine

では実際に検索してみます。
メニューの「検索(Serach)」以下の中から検索の方法を選択します。
複数選択も可能です。
検索窓にキーワードを入れるとすぐに検索結果が表示されます。

・大文字/小文字の一致(Match Case)
・単語の完全一致(Match Whole Word)
・パスの一致(Match Path)
・正規表現を使用(Enable Regex)

Everything search engine

ここは「大文字/小文字の一致」でいいでしょう。
ファイルのパスで検索することもできますし、
正規表現も使用できます。

試しに検索してみると一瞬で結果が出ます。
は、早い・・・。
もうこれでドライブの奥深くに隠したエロ画・・・ファイルもすぐに呼び出せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

Comments