Back to Top

WindowsでもMacみたいにスペース横で半角・英数が切り替えられる「enthumble」で作業効率が上がる

titleUnder

enthumble

Windowsって半角キーが左上にあるの押しにくいですよね。「enthumble」を使えばMacみたくスペース横のキーで半角・英数が切り替えられるようになります。親指でささっと切り替えできるのでかなり楽になりました。慣れると手放せないツールです。

「enthumble」って?

enthumble」はWindonwsのキーボードのキー設定をカスタマイズできるフリーのツールです。
Macだとスペースの両脇に”かな”と”英数”があるので、
日本語と英語の切り替えが楽ですよね。

でもWindowsだと左端上部にあるので小指で切り替えねばならず不便です。
Windowsのスペース両脇は”変換”と”無変換”になっていますが、
まず使いませんよね。
enthumble」を使えば、
このキーをMacのように”半角”と”英数”として使用することができます。
英語と日本語の切り替えが左右の親指でできるようになるのでかなり作業効率がよくなります。
Windowsでの半角切り替えに慣れていると、
最初は操作しにくいかもしれませんが、
慣れると断然使いやすくなります。

「enthumble」の使い方

他にも”無変換”と”スペース”を押すと”Enter”キーとして機能したり、
“無変換”と”I,J,K,L”で移動キーの代わりとして使うこともできます。

モードは「IJKL」「HJKL」「FBNP」の3タイプがあります。
それぞれ移動キーの配置がモード名になっています。
下の画像のように「IJKL」が上下左右の移動キーに対応します。

enthumble

“Backspace”や”Delete”キーも”無変換”と合わせると違ったキーで操作できます。
「IJKL」モードなら”無変換” + “Y” = “Backspace”、
“無変換” + “U” = “Delete”として操作できます。

その他にもコピーやペーストを”Ctrl”の代わりに”無変換”を代用させたり、
“F1″~”F12″キーの下の”1″~”^”と”無変換”で代用することもできます。

モードごとのデフォルトのキー設定は、
「KeyList」フォルダの中の「.ini」ファイルに格納されています。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

Comments