Back to Top

Windowsでメモリを増設・交換する時の注意点、これだけは知っておくべきこと

titleUnder

メモリ増設

Windowsでメモリを増設する際の注意点があります。それはWindowsの64ビット版と32ビット版では読み込むメモリの容量が異なるということです。メモリの種類と空きスロットの数にも注意ですね。増設作業時には静電気に注意が必要です。

Windowsの64ビット版と32ビット版では読み込むメモリの容量が異なる

Windows7を例にして説明します。

32ビット版ではメモリは4GBまでしか読み込みません。
4GB以上メモリを増やしても32ビット版では無駄になります。

64ビット版はHome Premiumでは16GB
ProfessionalとUltimateでは192GBまで読み込むことができます。

今使っているWindowsのバージョンや搭載しているメモリの容量を調べるには、
「スタートメニュー」

「コンピューターを右クリックしてプロパティを選択」
windowsメモリ-1

After Effectsなど、
グラフィックカードの性能を最大限に引き出すには64ビット版を使用する方がいいです。
32ビット版ではせっかく高性能のグラフィックカードを使っていても、
使いきれません。
映像編集などのソフトを使用していて、
レンダリングやプレビューに時間がかかる場合は、
64ビット版への移行、メモリの増設、グラフィックカードの性能を上げると早くなります。

うちのPCは、
CPU:Intel Core i7
OS:Windows7 Home Premium 64ビット
メモリ:12GB
グラフィックカード:NVIDIA Quadro 600
ですが、
わりと快適にAfter Effectsを動作できてます。
ちなみにAfter Effects CS5は64ビット版しか対応してないから、
32ビットでは使えないんですけどね。

メモリの種類と空きスロット数を確認しておく

使えるメモリの種類はパソコンによって異なります。
以前使っていたパソコンはメーカー品ではなかったので、
パソコンのメモリ増設をする際に購入店に電話して聞きました。
(ネットで調べても出て来なかったんですよね。)

デュアルチャネル(DDR)対応のメモリの場合は、
同じ容量のメモリを2枚使った方がメモリの能力を発揮できます。
メモリの容量がバラバラ だとメモリの能力が活かしきれません。
例えば、1GBのメモリと2GBのメモリを使うより、
1GB×2、もしくは2GB×2などメモリの容量を合わせましょう。
(容量が違っていても認識はしますし動作もします)
ディアルチャネル対応メモリに交換する場合は、
片方だじゃなく2枚とも交換しましょう。

メモリの種類についてはAll Aboutの以下の記事が参考になります。

それとメモリを増設するにはスロットに空きがないと増設できませんね。
今使っているメモリを取り外して容量の大きいメモリにするなら別に空きがなくてもいいですが。

メモリ増設・交換時には静電気に注意する

メモリは静電気に弱いので冬は注意が必要です。
特に金色の部分は直接触れないようにしましょう。
うっかり触って静電気が発生しようものならメモリがダメになってしまいます。

メモリを触る前に机の脚の金属の部分など、
どこか金属に適当に触って 静電気を放電しておきましょう。

Mac Bookのメモリの交換は別の記事にて解説しています。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

Comments