Back to Top

インデックスが早くなる?Googleにクローリングを要求できる「Fetch as Googlebot」

titleUnder

Fetch as Googlebot

新規サイトを立ち上げたばかりの頃ってなかなかGoogleにクローリングしてもらえないですよね。そこでWEBマスターツールの機能のひとつ「Fetch as Googlebot」のインデックス機能を使います。これを使うとクローリングを早めるよう要求することができます。

「Fetch as Googlebot」のインデックス機能とはなんぞや?

Fetch as Googlebot」のインデックス機能はGoogleウェブマスターツールから使用できます。
独自ドメインで新規サイトを立ち上げた場合、
なかなかGoogleにクローリングしてもらえません。
クローリングされないとインデックスされず、
検索結果に出てくてくれません。
サイトを立ち上げたばかりの頃はクローリングは遅いです。

そこで「Fetch as Googlebot」のインデックス機能を使い、
Googleにクローリングを早めるように要求します。
サイトのURL、またはページのURLを送信すると、
1日以内にクローリングしてくれます。
ただし、あくまでも要求(リクエスト)なので必ずクローリングが早まるわけではありません。
しかし、通常のクローリングを待つよりはクローリングを早める効果が期待できます。

ある程度の期間を経てサイト内のコンテンツが充実してくれば、
クローリングはかなり早くなりますので要求は必要なくなります。
新規サイトを立ちあげてクローリングを早めたい時に使う機能です。

あとは既存のページを更新した時、
重要度の高いページを更新した時などに使用します。

Fetch as Googlebot」自体は、
Googlebotと同じようにサイトのページを見ることができる機能です。

Fetch as Googlebot(ウェブマスター ツールヘルプ)

Fetch as Googlebotの場所

Fetch as Googlebotがどこにあるのか確認してみましょう。
ダッシュボードの「診断」の欄に「Fetch as Googlebot」はあります。

Fetch as Googlebot

Fetch as Googlebotの使い方

はい、ほんじゃあ次は使い方を説明すます。
Fetch as Googlebot」をクリックすると、
以下のような画面が出てきます。

Fetch as Googlebot

URLの下にうっすらとこう書いてあります。
「ホームページを取得するには、URLを空欄のままにします。」
メインページを取得したいなら空欄に何も入力せず「取得」をクリックします。
個別ページをリクエストしたいなら空欄はページのURLを入力して「取得」をクリックします。

URLを入力して「取得」をクリックすると、
送信リクエスト一覧にURLが追加されます。

Fetch as Googlebot

次に「インデックスに送信」をクリックします。
すると「URL」のみか「URLとすべてのリンクページ」どちらで送信するか尋ねられます。
「URL」のみなら入力したURLのみクローリングを要求できます。
「URLとすべてのリンクページ」なら入力したURL内にあるリンクページすべてのクローリングを要求できます。
いずれかを選択して送信するとリクエストは完了です。

Fetch as Googlebot

「残りの取得数」と「残りのURLとリンクページ」

「残りの取得数」と「残りのURLとリンクページ」は、
送信時に尋ねられる「URL」「URLとすべてのリンクページ」にあてはまります。

「残りの取得数」は477となっとりますが、
実際は1週間に500件まで送信可能となっとります。
「残りのURLとリンクページ」は一週間で10件までとなっとります。

Googlebotがクロールした内容を見る

インデックス送信をした後、
「成功しました」というリンクをクリックすると、
Googlebotがクロールした内容を見ることができます。

Fetch as Googlebot

そうすっとGooglebotがどういう風にWEBページを見ているかがわかります。
文字化けしていればその通り文字化けしたままクローリングしていることになります。

Fetch as Googlebot

まとめ

新規サイトを立ちあげたら「Fetch as Googlebot」のインデックス機能を使ってみてはいかがでしょうか。
急ぎでないならのんびりクローリングとインデックスを待ってもいいですが、
サイトはできるだけ早く見てもらいたいですよね。
ちょっとでもクローリングを早めたいなら使っておきたい機能です。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

Comments