Back to Top

これは凄い!WEB上でトラックが簡単に作れる無料の仮想音楽スタジオ「audiotool」

titleUnder

audiotool

audiotool」はWEB上でエフェクター/シンセ/ドラムマシーンを追加・サウンドをミックスしてテクノ・ハウス・エレクトロトラックが作れる仮想音楽スタジオです。無料でこのクオリティ。DTMいらず。これは一見の価値アリです!軽く使い方を解説。

仮想音楽スタジオaudiotool

「audiotool」はFlashベースの仮想音楽スタジオで、
WEB上(クラウド上)でトラックメイクを可能としています。
使い方は後述しますがエフェクター/シンセ/ドラムマシーンをドラッグ&ドロップで追加し、
パラメータをいじって好きなようにトラックメイクができます。
シールドのつなぎ方を変えたりコンソールでPanしたり、
いろいろと楽しめます。
まずはどういったことができるのかを動画でご覧ください。

audiotoolの立ちあげ

では使い方を軽く解説していきます。
まずはサイトにアクセスして「audiotool」を立ちあげます。

トップページの右上にある「Launch App」をクリックすると、
アプリが立ち上がります。

audiotool

「Empty」は空のトラックなので自分で一からサウンドを作っていきます。
「Rookie Acid」「Berg」「Minimal」はすでにトラックが出来ています。
この3つのどれでもいいのでクリックしてトラックを立ちあげましょう。

audiotool

では試しに「Rookie Acid」を立ちあげてみましょう。
はい、すでにこんな感じでエフェクターやシンセが配置されています。
下部にある再生ボタンを押すとトラックを再生できます。

audiotool

audiotoolの使い方

トラックが立ち上がったら中身をいじってみましょう。
マウスホイールで拡大・縮小、
左クリックしながら画面を動かすと画面サイズそのままでページ内を移動できます。
エフェクター/シンセ/コンソールなどはツマミをいじることができます。
では試しに真ん中の白くてでっかいコンソール(ミキサー)のPan(青いツマミ)をいじってみましょう。
※Panは左右の音のバランスを調整できます。
Panの下のフェーダー(スライドボリューム)を上げ下げすると、
音量を調整できます。

audiotool

他のツールもこんな感じでツマミやフェーダーをいじって調整していきます。
エフェクターのオン/オフは黒い部分を押して切り替えます。
オンになるとエフェクターの上部にある赤いランプが点灯します。

audiotool

ツールの追加・削除

エフェクター/シンセ/ドラムマシーンは、
右側のリストからドラッグ&ドロップで追加できます。

audiotool

各ツールの右下の「X」で削除できます。

audiotool

シールドのつなぎ方も変更できます。
シールドは各ツールをつないでいる黒いラインです。
InputまたはOutput部分からシールドをドラッグして接続を変更。
シールドを外すと青い矢印が出てきますので、
好きなとこに接続します。

audiotool

ノートをいじる

DTMで出来るノートの編集も「audiotool」は対応しています。
下部にあるナビゲーションからノートをいじれます。
ラインをダブルクリックするとノートが現れ、
各ノートをクリックして白く反転させた後、右クリックするとメニューが現れます。
左クリックしながら動かすと位置を変更できます。

audiotool

まあ、かなりざっくりとした解説ですが、
使い方はだいたいこんな感じです。
細かい使い方はYouTubeにアップされているので興味がある方は見てみてください。
サンプルの音源を組み合わせたりできるようです。

DTMよりも視覚的にエフェクターやドラムマシーンをいじれるのが楽しいですね。
テノリオン風のツールもあるのでこれだけでもピコピコ楽しめます。
四角い部分をクリックするだけでエレクトロ風のフレーズが作れます。
上部でタブの切り替えができます。

audiotool

Chromeのアプリもあります。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

Comments