Back to Top

開業届と青色申告承認申請書の書き方を画像つきで解説

titleUnder

Application-form

在宅ライターとして働くにあたり、税金対策のために昨年開業をしました。税務署に行って開業届と青色申告承認申請書を提出して晴れて個人事業主となったのです。というわけで、開業届と青色申告承認申請書の書き方の例を画像つきで紹介。

開業届と青色申告承認申請書はセットで提出

まずは開業届と青色申告承認申請書についての説明から。
在宅ライターとして働くにあたって特に開業する必要はなかったのだが、
確定申告で青色申告をしたかったので開業することにしたのです。
実は個人事業主は開業届を提出しなければ青色申告で確定申告できないのです。
そういうわけで開業にはこの2つの申請書が必要なのです。

別記事でもう少し詳しくメリット等を解説しています。

青色申告で確定申告するメリット、どうして白色申告ではダメか

確定申告には青色申告と白色申告があります。
開業せずとも確定申告は白色申告を提出すれば特に問題はありません。
しかし、青色申告は白色申告にないメリットがあるのです。
それは65万円の控除が受けられるということです。
複式簿記で帳簿管理をすることが条件となっていますが、
それさえできれば青色申告で65万円の控除をしてもらえます。
個人事業主にとってはかなり大きな額ですよね。
それに経費を計上して所得から差し引くことができるのも青色申告書のメリットです。

白色申告にはこの控除はありませんし経費を計上することもできません。
そのかわり白色申告はシンプルで複式簿記も必要ありません。
そういうわけで青色申告書で確定申告をしたいのです。

開業届の書き方の例

開業届は特にややこしい書類ではありません。
記入する欄は少なくとっても簡単です。
こんだけでええんかいっ、ってぐらい書いた項目少ないです。

開業届

ね?もうほとんど空欄w
ちょっと書くの迷った項目や書いた項目を解説します。

【納税地】
・・・これは事業をする場所ですね。
自宅で仕事をしているなら自宅の住所を、事務所があるならその住所を書きます。

【職業】
・・・これはまあ自称でいいんですw
自分の場合はライター(自称)なので、まんまライターと書きました。
別になんだっていいんですよね、WEBライターでもフリーライターでも。
WEBデザイナーの方ならそのままWEBデザイナーでOK。

【屋号】
・・・これはちょっと迷いましたが、別に書かなくてもいいんですよね。
屋号というのは社名だったり事業名ですね。
デザイン事務所〇〇◯だったり〇〇◯デザイン事務所だったりですね。

【届出の区分】
・・・開業、事務所の移転、廃業の3つがありますので、当然「開業」に丸を。

【開廃日】
・・・ これは迷いました。
自分の場合は8月1日に税務署に行ったのですが、開業は6月2日にしました。
開業届けは開業してから1ヶ月以内に提出しないといけません。
しかし、青色申告承認申請書の提出は開業からは2ヶ月以内に提出しないといけません。
1ヶ月ズレがありますが、税務署の人に聞いたら開業届も2ヶ月前の日付でOKと言ってました。
ここらへんは税務署によるのかもしれないので、書く時に聞いた方がいいですね。
経費をできるだけ多く取り入れたかったので2ヶ月前の日付を開業日としました。

【事業の内容】
・・・これはまあ事業内容がわかれば何でもいいです。
ライターなら「記事作成」だったり「記事代行」だったり「原稿作成」だったりですね。
WEBデザイナーなら「WEBデザイン」でいいでしょう。
税務署の人に聞いたら事業内容がわかればいいって感じだったので、まあわかるように書けばOKです。

【給与等の支払い状況】
・・・これはまあでっかく堂々と「なし」 と書きました。
人を雇う余裕なんてありませんし、給与を支払ってないので「なし」で!
人を雇えるぐらい稼ぎたいもんですが。

青色申告承認申請書の書き方の例

青色申告承認申請書

納税地や職号、屋号などは開業届と一緒です。

【所得の種類】
・・・事業所得、不動産所得、山林所得とあるので当然「事業所得」に丸を。
不動産なんて持ってネーヨ。

【今までに青色申告承認の取り消しを受けたこと又は取りやめをしたことの有無】
・・・これはもちろんないので「無」に丸を。

【 本年1月16日移行新たに業務を開始した場合、その開始した年月日】
・・・これは開業届と同じ日付で書きました(6月2日)。
前述の通り青色申告承認申請書は2ヶ月以内提出原則なので、
さかのぼって 2ヶ月前の日付にしました。

【相続による事業承認の有無】
・・・これもないので「無」に丸を。

『その他の参考事項』
【複式簿記】
・・・65万円の控除を受けるためには複式簿記が必要なので「複式簿記」に丸を。

【備付帳簿名】
・・・ 複式簿記においてどの出納帳や元帳を帳簿付けるかです。
「現金出納帳」「預金出納帳」「総勘定元帳」は最低限必要ですので、この3つに丸をしました。
ホントは入金伝票や出金伝票の帳簿付けもしてますが、
ここれへんは最低限の3つだけにしました。

開業届や青色申告承認申請書をいつ出してもいいのか?

前もって調べてみたのですが、
青色申告承認申請書は「開業してから2ヶ月以内」
もしくは「その年の1月16日~3月15日」以内に提出しないといけないようです。
でもそんなことおかまいなく提出しに行きました!
承認されたので特に問題はなかったようです。

自分の場合は6月2日付けで開業したので完全に期限はオーバーしています。
でも特にそれについては何も言われていませんし、
ちゃんと税務署から青色申告の用紙が送られてきました
わからないことがあれば税務署に行って聞きながら書くと確実です。

はい、ざっとこんな感じで開業届と青色申告承認申請書を書いて提出しました。
税務署に行って教えてもらいながら書きましたし、
特に不備もなかったのであっさり承認されました。
(不備があれば連絡が来るようですが、特になにもなかったです)。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

Comments