Back to Top

アニメ・マンガ, 音楽

アニメ『惡の華』のエンディング曲『花 -a last flower-』が怖い、精神的な恐怖を感じる・・・

titleUnder

惡の華

アニメ『惡の華』の1話を観たのですが、ロトスコープによる描写も去ることながらエンディング曲がとにかく怖かったです。ホラーの恐怖ではなく、精神的な恐怖を感じるという意味でとても怖かったです。しかし今まで聴いたことがないタイプの曲なので、聴き続けると新しい世界が開けそうです。

続きを読む

息を呑むほど美しいメロディを奏でるギタリスト・Erik Mongrain、時間を忘れて聴き入ってしまう

titleUnder

Erik Mongrain

Erik Mongrainというギタリストは、ギター1本で奏でているとは思えない音数と今まで聴いたことがない美しいメロディを聴かせてくれます。息を呑むほど、というのは大げさではなく、聴いている間は息をするのも忘れていたくらい衝撃を受けました。時間を忘れて聴き入ってしまいます。

続きを読む

作業用BGMに最適、空間に溶け込む環境音楽・Brian Enoの『Ambient 1: Music for Airports』

titleUnder

LaGuardia Airport

自宅で仕事をしていると無音状態に耐えられなくなることがあります。そんな時に聴くのがBrian Enoの名盤『Music for Airports』。環境音楽としては最適なアルバムで作業を邪魔せず、かつ心を落ち着かせて集中力を保たせてくれます。OmmWriterのBGMで流れるような環境音楽が好きな方におすすめ。

続きを読む

ダンスに興味なくても鳥肌が立つWORLD ORDERのダンスパフォーマンス

titleUnder

WORLD ORDER

ダンスに全く興味のない管理人ですが、須藤元気率いるWORLD ORDERのダンスパフォーマンスには思わず鳥肌が立ちました。エレクトロな曲もかなりツボに入りました。世界でも高い評価を得ているWORLD ORDER。彼らのダンスを観ているとすごくワクワクしてきます。元CDショップ店員が全力でオススメします!
続きを読む