Back to Top

4th Life – Coevolution of WEB – の意味

titleUnder

4th Lifeの由来・意味

「4th Life」は造語なのですが、
“第4の生活”ではなく“4番目の生命”という意味です。
“4番目の生命”とは、つまりこの”ネットの世界”のことです。
「宇宙」→「地球」→「ヒト」→「ネット」という順番で、
生命は連鎖していると考え「4th Life」と名づけました。

Coevolution of WEBの由来・意味

「4th Life」のサブタイトルは「Coevolution of WEB」です。
WEBの共進化“という意味です。
「Coevolution of WEB」はitunes Uの物理学の講義で知った「共進化」が由来となっています。
「137億年の「物質」の旅―ビッグバンからみどりの地球へ―」という東大の講義です。

「共進化」というのは色々な意味合いがありますが、
この物理学では「宇宙」「天体」「物質(元素)」「生命」
この4つが「共進化」を遂げていると解説していました。
「宇宙」なければ「天体」はなく、
「天体」なければ「物質(元素)」もない、
そして「物質」がなければ「生命」も存在しない、という理論です。
つまり互いに影響を与え進化し合うこと、
それが「共進化」という考えです。

実は生命というのは最初にできた星の中で作られた物質(元素)でできているのです。
星が超新星爆発をして物質が宇宙に散らばり、
その物質が生命の基となったのです。
つまりすべての生命は星から生まれたということなのです。

「共進化」は英語では「Coevolution」と言います。
「4th Life」という言葉は造語ですが、
宇宙における「共進化」と共通する点があったことから、
「Coevolution of WEB(WEBの共進化)」と名づけました。

WEBの共進化

全ての物事は 「共進化」によって進化し合あっています。
WEBの世界も「共進化」であると考えています。
自分がこうやってWordpressでブログを作って記事を書けるのも、
HTMLやCSS、それにPhotoshopやAfter Effetcsなどを扱えるようになったのも、
他のブロガーの方々が使い方やTips、テクニックなどを公開してくださっているからです。
そして自分が得たモノを誰かの役に立つようにこのブログで発信する。
つまり、このWEBの世界で「共進化」をしていきたいと考えています。

音楽の世界でもそうですね。
みんな最初は誰かのマネやコピーからはじめるのです。
そこから自分のオリジナルの曲を作っていくわけですが、
音楽をやりたいと思ったきっかけとなったバンドやミュージシャンがいて、
影響を受けた音楽があり、
得たもの感じたものから自分のオリジナルを作っていくのです。

WEBの世界で仕事をしていてこのことを強く思います。
情報をインプットするだけでなくアウトプットすること
WEBの世界が進化していくために必要なことだと感じます。
今、自分がWEBの世界で活動をできているのは会ったこともないたくさんの誰かのおかげです。
自分がアウトプットする情報が誰かの進化の糧になれればいいなと思っています。

かなり長文になりましたが、最後まで読んでいただきありがとうございます。
「Coevolution of WEB」 = 「WEBの共進化」となる情報を、
このブログから発信していければと思います。