Back to Top

Chromeよりも軽量・高速でGoogleに情報を送信しないSRWare Iron 、機能はChromeと同じ

titleUnder

SRWare Iron

SRWare IronはChromeと全く同じ機能を持ちつつ軽量・高速化されたChrome派生のブラウザです。Googleに情報を送信する機能などを削除していますが、拡張機能などは同じように使えます。SRWare IronはGooleに余計な個人情報を送らないので安心。

SRWare Ironのメリット

SRWare IronはChrome派生のブラウザなので基本的な機能は一緒です。
拡張機能からなにからChromeと一緒です。
Chromeと違うのはGoogleに情報を送信する機能がカットされている点です。
余計な機能をカットすることにより軽量・高速化を実現しています。

ChromeはいちいちGoogleに情報を送信していますが、
SRWare Ironはそれらの機能を全てカットしています。
個人情報をGoogleに送らないので安心です。

〈SRWare Ironで削除された機能〉

【インストレーションID】
Chromeはインストール後にインストレーションIDを自動生成してGoogleに送信します。
IDはプロモーションキャンペーンなどに使われますが、
SRWare Ironはこの機能をカットしています。
【サジェスト機能】
アドレスバーに文字を記入すると情報が全てGoogleに送信されますが、
SRWare Ironはそんな覗き見行為はしません。
【別のエラーページ】
アドレスバーに存在しないアドレスを入力した場合、
Googleには入力したアドレスの情報が送られ、エラーページがGoogleサーバーから送られてきます。
SRWare Ironはエラーなんて気にしません。
【エラーレポート】
クラッシュしたり障害が発生するとGoogleへ情報が自動的に送信されます。
SRWare Ironはクラッシュなんて怖くありません。
【RLZトラッキング】
Chromeがいつ・どこでダウンロードされたといった情報はGoogleに情報として送信されます。
SRWare Ironはそんなストーカーまがいのことはしません。
【Googleアップデーター】
WindowsではChrome起動中にアップデーターが常駐してリソースを消費します。
SRWare Ironはそんなコソコソしたことは致しません。
【URLトラッカー】
Googleのホームページを開いた5秒後にバックグラウンドでURLトラッカーが設定されています。
SRWare Ironはそんな時間差攻撃しません。

〈SRWare Ironで追加された機能〉

【広告ブロック】
Chromeには広告ブロック機能がありませんが、
SRWare Ironはadblock.iniを入れることで広告ブロックが簡単にできます。
Iron Adblockからadblock.iniをダウンロードしてSRWare Ironフォルダに放り込む。
(Main Listを右クリックして”名前を付けてリンク先を保存”)
WindowsはC:\Program Files\SRWare Iron\
Linux/Macは: /opt/
【UserAgent切り替え機能】
UA.iniを書き換えるとUserAgentの変更が可能。
【新規タブのサムネイル数】
新しくタブを開くとChromeは8個のサムネイル画像が表示されますが、
SRWare Ironは12個表示されます。

SRWare Ironのインストール

配布サイトは以下です。
WindowsとMacは別のページになります。

Windows(XP,Vista,7)

Mac(OS X 10.5以上)

SRWare Ironのデメリット

SRWare Ironにはアップデーター機能がないので、
バージョンアップは手動で行わないといけません
Chromeのバージョンアップされてからしばらく経たないと新バージョン版が公開されないのがデメリットですかね。
Chromeがバージョンアップした後、
しばらくしてからSRWare Ironの配布サイトから新バージョンをダウンロードしてこないといけないのが面倒っちゃ面倒ですが。
まあ、そんな気になるほどのデメリットでもないですが。

とは言えChrome使ってGoogleにブラウザでの行動を逐一報告されるのはイヤなので、
SRWare Ironを使い続けています。
今のところなんの不具合もなく快適に使用できています。

そうそう、ChromeからSRWare Ironに乗り換える時、
Windowsでは「規定のブラウザにする」が作動しなかったのですが、
解決方法があったので過去に記事として書いています。
既定のブラウザに出来ない場合は以下の記事を参考に。

Google Chromeの由来

「Chrome」というネーミングになったのには由来があります。
「Chrome」の由来については元ネタ.comで解説しています。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

Comments