Back to Top

ワンクリックで指定したブラウザサイズに変更できるChrome拡張機能「Resolution Test」

titleUnder

Resolution Test

Resolution Test」は指定したブラウザサイズにワンクリックで変更できるChrome拡張機能です。指定した画面解像度に一発で変更したり、変更前の元のサイズにクリック一発で戻せます。サイトの画面解像度のチェックに活用するのはこの拡張機能が便利です。

Resolution Test

Chrome拡張機能「Resolution Test」は画面解像度を簡単にリサイズできます。
「Resolution(レゾリューション)」は解決、分解といった意味の他に(画面の)解像度という意味があります。
まずはインストール。

Resolution Testの使い方

使い方はいたって簡単。変更したい画面サイズを選択するだけ。
Resolution Test

元のサイズは「1336 x 960」
Resolution Test

「680 x 480」を選択すると一発でリサイズ。
Resolution Test

元のサイズに戻すには「Reset」をクリック。リサイズ前のサイズに戻してくれます。
この拡張機能でリサイズした直前のサイズではなく、一番最初にリサイズする前のサイズです。見ていたサイズを記憶してくれるので便利!!
Resolution Test

Google Browzer Size」にチェックを入れてリサイズすると以下のように表示されます。
「Google Browzer Size」は何%の人がそのサイズで表示可能かを教えてくれるツールです。サイズが大きくなるほど表示可能なユーザーの割合は少なくなっていきます。
Resolution Test

サイズにチェックを入れて「View all selected」をクリックすると、選択したすべてのサイズが別ウインドウで開きます。
Resolution Test

Resolution Testのオプション設定

オプションではサイズの追加や削除、順番の入れ替えができます。

Resolution Test

Close box on window resize」は「Resolution Test」でリサイズした後、「Resolution Test」のメニューを自動で閉じるかどうかです。
デフォルトではリサイズ後もメニューが表示されたままになっています。
メニュー以外の場所をクリックすればメニューは消えますが、リサイズ後はメニューを自動で閉じてほしい時はチェックを入れておきます。

Enable desktop notifications」にチェックを入れると、リサイズ後に以下のポップアップがでます。リサイズのたびにポップアップがでてしまうので、チェックを入れなくていいでしょう。
Resolution Test

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

Comments