Back to Top

同じページ内で記事のメモ書きができる、ちょっと便利なChromeアプリ「Quick Note」

titleUnder

Quick Note

Quick Note」はブラウザ上でメモ書きできるChromeアプリです。ページのサイドにメモを表示させることができ、記事を閲覧しながらメモを入力したり画像をメモに貼り付けたりことができます。記事ごとにメモ書きできるので付箋のような使い方もできます。入れておくと何かと便利。

Quick Noteとはなんぞや?

久々の更新です。更新さぼっt・・・忙しかったので更新できませんでした!てなわけで!今回はChromeアプリ「Quick Note」の解説をしたいと思います。

「Quick Note」は拡張機能ではなくChromeのアプリで、ブラウザ上でメモをとるのに使えるヤツです。気になる記事を見つけたら右クリックのメニューから右サイドに即時メモを呼び出し、記事を見ながらこんな風にメモを入力できます。
ページを開きながらその場でメモ書きできるというのがミソです。マルコメです。

Quick Note

別ウィンドウでメモを管理することも可能です。

Quick Note

Quick Noteの使い方

ではQuick Noteの使い方の解説をしていきたいと思いま。まずは恒例(?)のインストールから。Chrome Webストアからちゃちゃっとインストール。

アプリなのでツールバーには表示されませんので、とりあえず何かのページで右クリックしてみましょう。そうすっと「New Note」というメニューができているはずです。「New Note」をクリックするとページの右側にノートが現れます。
Quick Note

ページを見ながらメモが入力できて便利!画像をノートに写すには、画像を選択して反転させた後に右クリックし、「Add selection to note」を選ぶとノートに画像が保存されます。もしくは選択してからCtrl+Cでコピーし、ノートにペーストすることもできます。ドラッグ&ドロップできればいいのですが、贅沢は言いますまい。

Quick Note

ここからが「Quick Note」のさらに便利なところです。メモ書きしたページを一旦閉じ、再度メモを開いてみましょう。なんとまあ!さきほどのメモがちゃんと残ってるじゃないですか!え?言ってる意味がよく分からない?えーとつまり、そのページで書いたメモはページを閉じても消えないんです!そのページ専用のメモがいつでも開けるという便利さ。

Quick Note

間違って消してしまったノートも「Recycle」機能を使って復活させることができます。

Quick Note

ソーシャルブックマークの「Diigo」と連携も可能で、メモしたノートを「Diigo」に同期させることもできます。
Quick Note

アプリを別ウィンドウで開くには、新規タブからアプリを選択する、検索窓に「Quick Note」と入力するとアプリを開けます。または以下の拡張機能を入れておくとツールバーから開けるので便利です。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

Comments