Back to Top

Googleのパーソナライズ検索を無効化しデフォルト検索に設定にするための方法:Chrome編

titleUnder

パーソナライズ検索

ChromeはデフォルトでGoogleのパーソナライズ検索が有効になっています。パーソナライズ検索を無効にするための簡単な方法があり、無効化状態をデフォルトにして常にパーソナライズ検索の影響を受けない検索をすることができます。拡張機能やブックマークレットを使わずに無効化することができます。

パーソナライズ検索とは?

検索経由でこの記事をご覧いただいている方は、パーソナライズ検索とはなんぞやをご存知かと思いますが、まずは概要を説明したいと思います。
パーソナライズ検索というのは、Googleで検索した際に自分が過去に閲覧したサイトやページなどを優先的に表示する機能です。個人個人の検索の傾向や好みを反映してくれるので求めている情報が得やすいというメリットがある反面、いつも同じページが上位に表示されるのでフレッシュさがなくなり、特定のキーワードでの検索順位を調べたい時に正しい順位が分からないというデメリットがあります。

SEOのために検索順位を調査する際、パーソナライズ検索は邪魔者以外の何物でもありません。だって、自分のサイトは自分でもよくアクセスするので上位に表示されちゃうんですよね。なので他のパソコンで見たら順位が違ってきます。「やったぜ!上位に表示されてるぜ!」と思っても、パーソナライズ検索をオフにしたら順位が下がってガッカリ・・・orz、というのはSEOあるあるです。ガッカリしないため正しい検索順位を知るにはパーソナライズ検索をオフらなきゃいけないんですよね。

例えば別サイトのタネタンの記事の検索順位をよく調べるのですが、パーソナライズ検索有効の状態で「superfly 意味」で検索すると2番目に表示されますが、無効にすると4番目に順位を落ちてしまいます。無効の場合が本来の順位なので、有効になっていると順位が上がってしまうので正しい順位がわからないんですよね。

パーソナライズ検索

パーソナライズ検索の無効化、デフォルト検索に設定する方法

パーソナライズ検索を無効化して検索する方法はいくつかあります。シークレットモードにすると無効化した状態で検索できますが、わざわざシークレットモードにするのは面倒ですし拡張機能が使えません。
パーソナライズ検索を無効化する便利なブックマークレットもありますが(後で紹介)、無効化状態をデフォルト検索に設定する方法があります。

パーソナライズ検索を無効化するには「検索エンジンの管理」で設定を行います。
「設定」→「検索」→「検索エンジンの管理」

パーソナライズ検索

「検索エンジンの管理」では検索エンジンのカスタマイズができます。パーソナライズ検索無効化にするコードを追加します。画面を一番下までスクロールすると新しい検索エンジンが追加できます。

パーソナライズ検索

検索エンジンの名前とキーワードは分かりやすい名前にします。仮に検索エンジンの名前を「Googleパーソナライズ無効」に、キーワードは「g」とします。キーワードについては後ほど説明しますが、好きなキーワードで構いません。URL入力欄(一番右端の入力欄)には以下のコードをコピペします。パーソナライズ検索を無効化する「&pws=0」を追加しただけですので、基本的にはGoogleのデフォルトの検索URLとほとんど変わりありません。

{google:baseURL}search?{google:RLZ}{google:acceptedSuggestion}{google:originalQueryForSuggestion}sourceid=chrome&ie={inputEncoding}&q=%s&pws=0

パーソナライズ検索

これでパーソナライズ検索無効化で検索することが可能になりましたが、デフォルトに設定していないのでこのままの状態で検索バーから検索しても有効化された順位で表示されます。
先ほど追加した検索エンジンは「その他の検索エンジン」に入っています。マウスオーバーすると「デフォルトに設定」という項目が表示されるのでクリックしてデフォルトにします。

パーソナライズ検索

これでパーソナライズ検索を無効化した状態で常に検索できるようになりました。ただし検索バーから検索した時のみ有効な設定のため、普通にGoogleの検索窓から検索するとパーソナライズが有効化された状態で検索されます。

パーソナライズ検索

反対に普段はパーソナライズ検索を有効化をデフォルトにしたままで、たまに無効化状態で検索したい場合はキーワードから無効化の検索エンジンを呼び出す方法を使います。先ほど追加したキーワードは検索エンジンを呼び出すためのものです。なので、「g」と登録しておけば、設定したキーワードを入力した後にスペースを押すと検索エンジンが切り替わります。この場合は「g」を入力してスペースを押せば以下のような画面に切り替わります。
(「tab」でも切り替えできますがスペースの方が便利です)。

パーソナライズ検索

他の検索エンジンについでも好みのキーワードを設定することで検索バーから検索エンジンの切り替えが簡単にできるようになります。

パーソナライズ検索

Chrome拡張機能「Universal Search」でパーソナライズを無効にして検索する方法

Chrome拡張機能の「Universal Search」は検索に便利なので頻繁に使っているのですが、こちらもパーソナライズ検索を無効化して検索させることもできます。上記の設定では検索バーでの検索でしか適用されないため、「Universal Search」でパーソナライズ検索有効バージョンと無効バージョンをそれぞれ作っておけば使い分けられるので、これが一番便利かもしれません。

設定は簡単です。検索エンジンのURLの末尾に「&pws=0」を加えるだけです。「{s}」の後に加えてください。このコードをURLにコピペすればパーソナライズ検索を無効化して検索できます。

http://www.google.com/search?q={s}&pws=0

パーソナライズ検索

ブックマークレットでパーソナライズ検索を無効にする方法

もうひとつ簡単にパーソナライズ検索を無効化する方法として、ブックマークレットを使うという方法があります。下記のスクリプトを埋め込んだブックマークレットを使います。

javascript:(function(){location.href=location.href+’&pws=0′})();

Google Personalized Off ←このリンクをクリックした状態でブックマークに移動させます。このリンクはクリックしても何も起きません。一旦ブックマークに追加する必要があります。

パーソナライズ検索

後は使い方は簡単です。いつも通りにGoogleで検索した後、先ほどブックマークに追加したブックマークレットを実行(クリック)すればパーソナライズ検索を無効化した状態で表示されます。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

Comments