Back to Top

MeasureITより優秀なサイト内のサイズを測れるChrome拡張機能・Page Ruler

titleUnder

Page Ruler

サイト内のサイズの測るChrome拡張機能としてMeasureITが知られていますが、Page Rulerの方が使い勝手がよく優秀です。MeasureITと同じように任意の場所のサイズを測れるだけでなく、Top、Bottom、Left、Rightの位置も計測してくれます。もうMeasureIT要らずです。

Page RulerがMeasureITより使いやすい理由

まずなぜMeasureITではダメなのかというと、ツールメニューのアイコンをクリックしてもXボタンを押しても反転&マウスポインタが解除されません。反転を解除するには再読み込みしなければならないので不便です。もうひとつ似たような拡張機能があったのですがChromeウェブストアから削除されてて使えなくなりました。

MeasureITは反転解除できない!バカやろこのやろめ!
MeasureIT

代替の拡張機能を探していたところPage Rulerが見つかったのでインストールしてみたところ、MeasureITではできない反転解除ができてしかもクリックしたポイントの位置まで測ってくれるというじゃあーりませんか。
もうすぐにMeasureITにサヨナラしてPage Rulerに乗り換えました。

Page Ruler

Page Rulerの使い方

使い方は解説するほどのことはないのですが、ちょっとした小技もあるので解説したいと思います。

ツールメニューのPage Rulerをクリックすると任意の場所のサイズを測れるようになります。
WidthとHeightをpixelで表示してくれます。これはMeasureITと同じ機能ですね。
Page Ruler

さらにTop、Bottom、Left、Rightの位置も計測してくれます!これは案外使えそうです。
Page Ruler

①は計測をリセットするボタンです。
②をクリックするとツールバーが上部から下部に移動します。
Page Ruler

Ctrlを押しながらクリックするとdiv要素が表示されます。これは隠し技というか(Page Rulerの解説に書いてありますが)
Page Ruler

さらに↑↓→←の各矢印をクリックすると・・・
Page Ruler

親、子、兄弟要素に移動する!おぉ!
Page Ruler

MeasureITから速攻で乗り換えたPage Ruler。こいつぁ使えそうです。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

Comments