Back to Top

収益アップ期待!Google Adsenseの広告を最適化するセクションターゲットのタグを設置

titleUnder

セクションターゲット

サイトに設置したGoogle Adsense(アドセンス)に最適な広告を表示させるにはセクションターゲットを設置します。コンテンツ内のテキストを専用のタグで囲んで重要な部分を強調・認識させ、広告のマッチング精度を高めることができます。

セクションターゲット

Google Adsense(アドセンス)はページに合わせて自動で最適な広告を選んでくれます。
んが、しかし!ページ内容とマッチしない時が多々あります。
WEB関連の記事なのにコスメ系の広告だったり、
住宅ローンの広告が表示されてもクリックされないですよね。
ページと全然関係のない関連性のない広告だとクリックさせる可能性は低いです。
関連する広告を表示させることによってクリック率の向上を狙います。

セクションターゲットはページ・コンテンツ内のテキスト・キーワードをタグで囲み、
強調することによってコンテンツに関連した最適な広告を表示させます。
※100%最適化されるわけではなく、最適化の向上をさせます。
セクションターゲットを利用していない状態では、
サイドバーなどコンテンツ以外の部分も広告を選ぶ材料とされてしまいます。

そのためコンテンツには強調させるタグを設置し、
よりページにマッチした広告を表示させます。
サイドバーなどは反対に無視させるタグを設置し、
関連性の低い広告が表示されるのを防ぎます。

タグは<body>~</body>内で使用します。
強調したい部分を以下のタグで囲みます。

<!-- google_ad_section_start -->
強調したい部分
<!-- google_ad_section_end -->

無視してもらいたい部分は以下のタグで囲みます。

<!-- google_ad_section_start(weight=ignore) -->
無視してもらいたい部分
<!-- google_ad_section_end -->

セクションターゲットの設置数に制限はなく
サイト内にいくつでも設置できます。
100%マッチングするわけではありませんが、
設置しておいて損はないでしょう。
クローラー(サイトを巡回するロボット)が認識するには最大2週間ぐらいかかるため、
すぐに広告が最適化されるわけではありませんので、
設置してしばらく放置した後、最適化されたか確認してみましょう。

セクションターゲット設置の結果

そのそもセクションターゲットを設置しようと思ったのは、
別サイトの元ネタ.comで広告が最適化されていなかったからです。
アニメ系の記事なのに住宅ローンや転職関係の広告ばかり表示されていました。
それはクリックされないですよね^^;

広告が最適化されるまで最大2週間かかるのでセクションターゲットを設置してからしばらくは広告は変わりませんでしたが、100%ではないですがちゃんと記事内容に沿った広告が表示されるようになりました。
例えばガンダム関係の記事ならちゃんとガンダムの広告が表示されます。
ガンダム系の広告が配信してなければアニメ関係の広告を表示してくれます。

セクションターゲット

Adsenseならセクションターゲットを設置せずともマッチした広告が表示されそうなものですが、そうではなかったのでコードを設置しました。
広告がマッチしているとやはりクリック率がいいですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

Comments