Back to Top

アドセンスがポリシー違反で広告配信停止→再審査で復活するまでにしたこと[Google Adsense]

titleUnder

Adsense Re-examination

当ブログと別サイトでGoogle Adsenseを利用していますが、ポリシー違反で広告配信が停止されました。初めてアドセンス停止となったのですが、一度の再審査で無事復活しました。停止から有効になるまでの期間は短ったのですが、有効になるまでの経緯、再審査に向けて改善したことを解説します。

アドセンスの広告配信を停止を知らせるメールが来た

当ブログと別サイトでアドセンスで広告を配信しているのですが、別サイト宛てにGoogleから以下のような広告配信停止のメールが来ました。一部省略していますが、だいたい以下の通りの内容です。

お客様のウェブサイトに AdSense のプログラム ポリシーに準拠していないサイトがあり、その結果、そのウェブサイトへの広告配信が停止されていることをお知らせいたします。発行 ID 番号: ◯◯◯ 広告配信が停止されたサイト:http://省略
必要な手続き: アカウントのその他のサイトについても、ポリシーに準拠しているかどうかを確認してください。
~中略~
上記のサイトへの広告配信は停止されていますが、お客様の AdSense アカウントは引き続き有効になっています。上記の URL は一例に過ぎず、このウェブサイトの他のページやお客様の他のサイトにも同様の違反が発生している可能性があります。したがって、残りのサイトが AdSense のポリシーに準拠しているかどうか確認し、今後ポリシー違反に関するメールを受け取らずに済むよう、必要に応じてサイトを監視してください。また、違反が引き続き確認される場合、AdSense チームは、いつでもアカウントを無効にする権利を有しますので、ご了承ください。 申し立て 広告配信の停止に対して申し立てを行うには、上記の発行 ID を使用して、ヘルプセンターの次のページからご連絡ください。

ドメイン全体指定ではなく、例としてひとつのページが挙げられています。予告なく一発でアカウント停止となったサイトがあると聞いていたのでビビってたのですが、アカウントは有効で広告の一時配信停止の措置が取られていたようです。
Google のポリシーに従った別のサイトに広告を表示していただくことは問題ございません。との記載があるように、ポリシーに沿っていれば停止となっているサイト以外のサイトでは配信停止とはならないようですね。
後述しますが、広告配信停止から再度有効になるまで広告が停止はされずに表示されていました。キャシュプラグインは停止してましたし、ちょいちょいキャッシュクリアしてリロードしていましたが、広告はずっと表示されていたのでいつ配信停止となったか分からず終いでした。

何がポリシー違反となったのか?についての考察

メールの文末に申し立て用のページURLが記載してありましたので、早速再審査のメールを送りました。とは言うものの、上記のメールにはポリシー違反とあるだけで具体的な理由は記載されていません。今回は運良く(?)一度の申し立てで再審査が通りましたが、再開が一度で通らない場合も多いようです。その場合はポリシー違反の内容を記載してくれるようです。再審査は一度きりでないので不採用となった後に問題点を修正して再度審査を要求することが可能です。
ですが、一番初めのメールでは配信停止となった理由はアドセンスのプログラムポリシーの内容から判断するしかありません。なので考えられる理由を考えて再審査に挑みました。サイトとプログラムポリシーを照らし合わせると、3つの理由が思い当たりました。

『1.例としてひとつのページが挙げられているので、このページに問題があるのではないか?』
アドセンスの停止は今回が初めてなのでどのような文面で停止が知らされるのか他に比較しようがないですが、ひとつのページを例に挙げているため、まず該当のページを見直しました。考えたのは記事の内容がコンテンツ ガイドラインに違反しているのではないか?という点です。違反となるのは以下のような内容を含むページです。

・ポルノ、アダルト向け、成人向けのコンテンツ
・暴力的なコンテンツ
・人種差別または個人、団体、組織の中傷に関するコンテンツ
・不適切な表現
・ハッキングやクラッキングに関するコンテンツ
・ギャンブルやカジノに関するコンテンツ
・違法な薬物や麻薬関連の器具に関するコンテンツ
・ビールやハードリカーの販売
・タバコやタバコ関連商品の販売
・処方箋医薬品の販売
・武器や弾薬(銃火器、銃火器の部品、刀剣、スタンガンなど)の販売
・ブランド品やその他の商品の偽造品、模倣品の販売
・講義内容や論文の販売や配布
・報酬を提供して、広告や商品のクリック、検索、ウェブサイトの閲覧、メールの購読をユーザーに促すプログラムに関連するコンテンツ
・その他の違法なコンテンツ、不正行為を助長するコンテンツ、他者の法的権利を侵害するコンテンツ

違反したページの内容や詳細は書いていいものか不明なため割愛させていただきますが、この中で例として挙げられたページが違反している可能性があるとすれば「不適切な表現」でした。記事内容には気をつけていますし、中傷するようなことは書いてはいませんが、Googleにとって「不適切な表現」にあたる可能性があると考えました。なので、一度はこのページを削除してから再審査の申し立てをしようかと考えましたが、削除はせずにその記事のみアドセンスを撤去しました。Wordpressで構築しているので、記事ごとにテンプレートを変更できるプラグイン「Custom Post Templates」で対処しました。使い方は別記事で解説しています。

『2.ラベル違反の可能性がある?』
アドセンスは広告の近くにクリックを誘導するような文言や紛らわしい画像を配置することをラベル違反としています。紛らわしい文言を撤去する、記事中の広告に関しては「スポンサードリンク」と記載すればラベル違反は回避できます。違反とされたサイトは広告をタイトル下に配置していたため、広告の上に「スポンサードリンク」と記載しました。カタカナだと反対に記事の邪魔になるため英語で「Sponsord link」と記載しておきました。アドセンス停止となったブログはラベル違反であったことが結構多いようですね。以下の記事はとても参考になるので、アドセンスが停止になっていなくても見ておいた方がいいです。

『3.アダルトっぽい広告がポリシー違反になった?』
アドセンス以外にAmazonアソシエイトで商品広告を貼っていたのですが、見た目がちょっとアダルトっぽい広告を貼っていました。しかし、その広告はアダルト指定でも18禁でもなく、通常の広告です。あくまでも見た目がアダルトっぽいかなぁ?という程度でしたが、アダルト向けコンテンツは禁止されているため、念のため外しておきました。くどいようですが、際っきわの広告でもなく「ちょっとセクシーかなぁ?ウヘヘ。」程度の広告です。

以上、3つの理由ぐらいしか思い当たらなかったため、改善した内容を記載して再審査リクエストを送信しました。送信したらキャッシュを忘れずにクリアしておき、Wordpressならキャッシュプラグインを一旦停止しておきます。送信した内容は以下の通りです。ごくごく簡単な内容です。

・一例として挙げられていた記事の内容が不適切であった可能性があるため、該当の記事のAdsense広告を撤去致しました。
・不適切と思われる広告を撤去致しました。
・記事中の広告に「Sponsored link」のラベルを表示致しました。

当方で考えられる上記の3つの原因を解決しましたが、別の原因によって配信停止となっている場合、お手数ですがご指摘くださいますようお願い致します。
ご指摘いただいた箇所は速やかに修正致します。

再審査の申し立てをしてから返信、再度有効になるまでの期間

上記の内容で再審査のメールをしたものの、2~3日経っても返信が来ませんでした。不思議だったのは、確かにGoogleから広告配信停止のメールが来たにも関わらず、ポリシー違反と指摘されたサイトにも広告は表示され続けていたことです。収益もカウントされていました。「何かの間違いじゃね?」と思って待っていたら、6日後に返信が来ました。

プログラム ポリシーに準拠していただくために、サイトに変更を加えていただき、ありがとうございます。◯◯◯を慎重に確認させていただいた結果、このサイトへの広告配信を再度有効にいたしました。

お客様のサイトへの広告配信は一時的に無効となっていたため、サイトに広告が掲載されるまでに 48 時間程度かかる場合があります。ご理解とご協力をいただけるようお願いいたします。

※◯◯◯の部分は、配信停止時に例として挙げられていたページです。

返信内容を見ると、無事に再審査のリクエストが通ったようです。広告配信を再度有効にしました。との記載がありますが、自分が調べた限りでは広告配信された期間がありませんでした。それが謎です。

再審査の返信メールには、配信停止メールに一例として挙げられていたページが書いてありました。このことから分かったのは、サイト全体が違反していたわけでなく、ひとつのページがポリシー違反にひっかかったということです。該当ページのみアドセンスを撤去していたため、ポリシー違反の問題は解決されたようです。

今回はひとつのページがポリシー違反となっていましたが、広告のレイアウトによってラベル違反になる可能性もあります。特に記事中に広告を配置する場合は「スポンサードリンク」と記載しておいた方が安全です。私の場合はなぜか広告停止中も広告が表示されていましたが、通常は再審査の申し立てが認められるまで広告の配信はストップします。

アカウントが停止になったとしても復活することもあるようですね。できれば停止になることは避けたいですが、身の覚えのない不正クリックなど何が原因になるか分からないので怖いですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

Comments