Back to Top

個人事業主(SOHO)が帳簿管理をする時に使う勘定科目をまとめてみた

titleUnder

勘定科目

SOHOとして仕事をするにあたって面倒なのは帳簿付け。でもやらなくちゃいけないので、帳簿付けをする時に使う勘定科目をまとめてみました。事業主貸や事業主借って最初はよくわからないと思いますが、使い分けを覚えてみましょう。

使用している勘定科目

SOHOで使う勘定科目はそれほど多くはありません。
自分が使っている勘定科目は以下の通りです。

資産
・現金
・銀行預金
・事業主貸・・・(生活費の引き出し、健康保険料、光熱費や家賃の按分など)

負債
・事業主借・・・(銀行預金に入金した時)
・未払金・・・(まだ引き落としされていないクレジット代)

利益
・売上・・・(原稿料、報酬)
・雑収入・・・(オークションなど事業とは関係ない収入)
・受取利息・・・(銀行の利息)

支出
・家賃
・水道光熱費
・通信費・・・(ブロバイダ、携帯、電話代)
・事務用品費・・・(文房具)
・消耗品費・・・(インクジェット、コピー用紙)
・備品費・・・(参考書、ソフト、イスや机などの家具、10万円以下のパソコン)
        *10万円の以上の備品は減価償却で処理します
・支払い手数料・・・(銀行の入出金やクレジットの手数料)
・交通費・・・(電車賃、ガソリン代)
・雑費・・・(備品とか事務用品以外、アプリとかコインパーキング代とかその他もろもろ)

こんだけですね、使っているのは。
カッコの中は自分が仕分けとして使っている項目です。

確定申告で帳簿は提出するの?

基本的に確定申告の際に帳簿は提出しません。 
税務署に要求された時以外は提出しないので、
わかりやすいように管理していればいいのですが、
いい加減に管理しているといざ提出を求められた時に困るので、
普段から整理している方がいいですね。

事業主貸、事業主借については別の記事で解説しています。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

Comments