Back to Top

SOHO(個人事業)の家賃・光熱費・通信費の家事按分の割合と仕分けの方法

titleUnder

家事按分

SOHO(個人事業)として自宅で仕事をしている場合、家賃・光熱費・通信費を経費として計上することができます。ただし事業用以外の経費は個人的な経費となりますので、家事按分(あんぶん)をしなければなりません。家賃・光熱費・通信費などそれぞれ家事按分の割合、按分の方法を解説します。

家事按分とは?

家事按分は事業用の経費とは自宅で仕事をしているSOHO(個人事業者)が、
家賃・光熱費・通信費などのうち個人的な使用分を経費から差し引くことです。
自宅を事務所にしている場合は家賃・光熱費・通信費を全額経費にはできないため、
事業用は必要経費として計上し事業には関係なく個人的な利用分は計上しません。
家賃・光熱費・通信費、または支払った分のレシートや領収書は基本的に一緒になっているため、家事按分をする必要があるのです。

家事按分の割合

家事按分の割合は経費によって異なります。
基本的な考え方はどれだけ事業用として経費を使ったかになります。
家賃の場合は占有率で決めます)
主観的ではなくあくまでも客観的に率を決めます。

例えば自宅兼事務所の家賃が50,000円であったと想定します。
自宅で仕事をしている時間が1日10時間だとすると、
事業用 4割:個人用 6割」という割合になります。
つまり個人用の6割を家事按分として経費から差し引く必要があります。
私のようにワンルームに住んで仕事をしている場合は占有率では決められないため、
仕事の時間で按分をしています。
(※仕事用の部屋がある場合は占有率で按分します)

光熱費と通信費も同様に按分していきます。
私は光熱費(電気代)の割合は「事業用 4割:個人用 6割」としています。
パソコンを使用して仕事をしているのでパソコンの電気代として事業用に4割計上しています。

通信費は「事業用 6割:個人用 4割」としています。
電気代よりも事業用の割合が多いのは仕事で使う通信費が多いからです。
ブロバイダーの利用料、携帯電話代の約6割は仕事が占めています。
なので通信費は他の按分よりも割合を多くしています。

他には自動車も按分の対象になります。
私はマイカーを持っていないので按分してないのですが、
走行距離から按分の割合を決めるのが一般的です。
保険料、減価償却費、車検代、ガソリン代を走行距離で按分します。

家事按分の仕分け方

家事按分の仕分け方は主に3通りあります。

まずひとつめは毎月家事按分を仕分けていく方法です。
個人用の口座と事業用の口座を分けていて引き落としが事業用の口座の場合、
または口座を分けていない場合の仕分け方法です。

例えば家賃50,000円で「事業用 4割:個人用 6割」の按分とします。
適用には按分の割合を書いておきましょう。
個人用の利用分は事業主貸として計上します。

事業用50,000×4割=20,000
家事按分50,000×6割=30,000

毎月
家事按分

上記のように毎月家事按分をしていくのはちょっと面倒です。
なので年末に一括で按分する方法が楽です(私もそうしています)
毎月の家賃はそのまま事業用に計上します。
年末に按分するため家賃を貸方に事業主貸を借方にして振り替えします。
(事業用の家賃はすでに計上されているので按分する金額だけ振り替え)

家賃50,000×12ヶ月=600,000
家事按分600,000×6割=360,000

毎月
家事按分

年末
家事按分

個人用の口座と事業用の口座を分けていて、
個人用の口座から引き落とされる場合は事業主借を使います。

(事業用の口座から引き落とされる場合は1つ目の仕分け方)

貸方に事業主借を借方に家賃として振り替えます。
個人用の家事按分の振り替えは必要ありません。
(個人用の口座から引き落とされるため帳簿には関係ない)

家事按分

光熱費や通信費も同様の仕分けを行います。
以下は毎月の仕分けの方法で記入していますが、
家賃同様、毎月よりも年末に一括して仕分けた方が楽です

光熱費
家事按分

通信費
家事按分

事業主貸・借の使い方はこちらで解説。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

Comments