Back to Top

「事業主貸」「事業主借」の使い分けを解説、個人事業主(SOHO)なら覚えておきたい勘定科目

titleUnder

事業主貸・事業主借

個人事業の帳簿つけを始めて最初につまづくのは恐らく「事業主貸」と「事業主借」でしょう。経費と生活費を区別するために貸と借を使い分ける必要があります。「事業主貸」の使い方を中心に解説します。

事業主貸と事業主借について

個人事業主は会社と違って生活費を銀行預金から引き出したりします。
個人事業の場合は事業主としての自分、個人としての自分が存在するわけです。
考え方として、事業主が個人としての自分に生活費を貸すので「事業主貸」です。
貸すといっても「自分」から「自分」に貸すということですが。
「事業主貸」というのは経費になりませんので、
個人で使用したお金を帳簿付けする時に使います。
銀行から出金した場合、以下の図のようになります。

事業主貸・事業主借

【事業主貸①】(現金を引き出した場合)

生活費として事業用の銀行から引き出した時は「事業主貸」で処理します。

例えば、事業用の事務用品を購入するためにお金を引き出したとしても、
いったん「事業主貸」で処理します。
現金を引き出したわけですので、現金が手元にありますよね。
その現金で事務用品を購入するということになりますので、
面倒ですが銀行から引き出した時は全て「事業主貸」で処理します。
以下のような感じになります。

事業主貸 1,000 (引き出し) 銀行預金 1,000
事務用品費 500 (ファイル) 現金 500

残った分は別に帳簿に付ける必要はありません。
(「事業主貸」で処理しているので)

【事業主貸②】(事業以外の代金の引き落としや支払い)

事業用の口座と私生活で使用する口座を分けていない場合、
同じ口座から引き落としがされます。
(できれば事業用と私生活用それぞれの口座を作っておきましょう)

例えば、ネットで食料品を買ったとしましょう。
事業用の口座から代金を支払った場合と同様に「事業主貸」として処理します。
これが引き落しであっても振り込みであっても「事業主貸」として処理します。

事業主貸 5,000 (食料品) 銀行預金 5,000

【事業主貸③】(健康保険料などの支払い)

固定資産税は経費になりますが(公租公課)、
健康保険料は個人的な支出なので経費になりません。

健康保険料を現金で支払う、または銀行から引き落としされた場合は、
「事業主貸」で処理します。

事業主貸 3,000 (健康保険料) 現金 3,000
または
事業主貸 3,000 (健康保険料) 銀行預金 3,000

【事業主貸④】(家賃や光熱費の按分)

自宅で仕事をしている場合は家賃や光熱費を事業用と個人用を按分します。
按分というのは事業用・個人用それぞれどれだけ使用したか分けるということです。

例えば、自分の場合はこんな風に按分しています。
家賃や光熱費は発生した時点で経費として処理し、
年末に個人用の分を「事業主貸」として経費から差し引いています。

『引き落とし・支払い時』

家賃 50,000 (家賃) 銀行預金 50,000
光熱費 10,000 (関西電力) 銀行預金 10,000

これを12ヶ月分として計算すると、
家賃が600,000、光熱費が120,000となります。
家賃を貸し方にして経費から差し引きます。

『年末』

事業主貸 360,000 (家事按分(-60%)) 家賃 360,000
事業主貸 60,000 (家事按分(-60%)) 家賃 60,000

自宅で仕事をしているので家賃と光熱費は40%を経費としています。
個人としての自分が使用しているので60%を生活費として「事業主貸」で処理しています。
家賃の引き落とし時や光熱費の支払い時に按分してもいいですが、
毎月按分するのは面倒なので年末にまとめて処理した方が楽です。

事業主貸 ◯◯◯ (家事按分(-20%)) ◯◯◯ 通信費

通信費は携帯代やネット代込みでほとんど仕事で使っているので80%が 経費、
残り20%を「事業主貸」で処理しています。

事務所を借りて仕事をしている場合は事務所の借り賃は全て経費、
住宅の家賃は全て「事業主貸」ですね。

【事業主借】

「事業主借」というのは「貸」の反対で、
事業主が個人としての自分からお金を借りるという考え方です。
事業用の銀行口座に現金を入金した場合は「事業主借」で処理します。

銀行預金 50,000 (補充) 事業主借 50,000

まとめ

個人事業の場合は経費と生活費を区別するために「事業主貸・借」を使います。
どちらも自分なので最初はややこしく感じると思います。
家賃や光熱費の按分も忘れずにしておきましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

Comments